会ったばかりの男にトイレで中出しされた真由子を問いつめる私はいつの間にか興奮し……

 

真由子が飲み会で酔いつぶれ、介抱してくれた男性と、ドラッグストアの駐車場のトイレで何度もセックスをしてしまった後、私の真由子の間には、暴風雨が吹き荒れました。

次の日、怒りと悲しみで眠れず、狂乱状態の私に向かって、真由子は「本当にごめんなさい」と謝りましたが、「でも、迷惑をかけて、親切にしてもらったから」と、相手をかばうような態度で言い訳をしました。

 

真由子には、男の立場というものがわからないのでしょうか。

大切な恋人である真由子が、他の男とセックスをしてしまうという事の重大さよりも、自分が酔いつぶれて他人に迷惑をかけたことを心配しているのです。

そして自分が他の男と重大なことをしてしまった、という自覚がなく、一晩の間連絡をせず、私に心配をかけたことだけを謝っています。

 

思えば、セックスや貞操観念について不思議と無頓着なところのある真由子は、この頃から他の男との浮気についての罪悪感が薄かったのでしょう。

けれども私にとっては、真由子から一晩の間じゅう連絡がなかったことよりも、その一晩の間に真由子がされてしまったことの方が、重大なのです。

 

いつしか私は、真由子を問いつめていました。

トイレの中で、真由子がいったいどんなことをされたのか。

私は真由子が他の男性に抱かれてしまうと、いつもその時の様子を子細に聞き出します。

この初めての寝取られの時もそうでした。

 

気が動転した私は、血相を変えて真由子に詰め寄り、真由子が男性にどのように脱がされ、どのように愛撫され、どんな格好で、何度やったのか、必死になって聞き出していたのです。

そして真由子も、それを話し出したのです。まるで男性にされた行為を思い出して反芻するように。

そしてその内容は、私を愕然とさせるのに十分なものでした。

 

酔っていた真由子は記憶がはっきりせず、意識がはっきりしてくる頃には、もう全裸にされて個室で男性と抱き合っている状況だったそうです。

すでに下半身はどちらともつかない体液でぬるぬるになっており、あわらになった胸も男性になめまわされて唾液まみれで、男性のものが入った下半身はすでに快感を感じている状態で、拒否するまでもなく、自分を抱いている男性の腕の感触と、こみ上げるセックスの快感に、真由子は私以外の男性を受け入れてしまった事実をぼんやりと認めていったのだそうです。

男性がコンドームを付けずにセックスしていることは気付いたそうですが、考える余裕はなかったと言っていました。

 

そのまま個室の中で向かい合った対面座位でずっと揺さぶられていたんだそうです。そして真由子は男性の肩に腕を回してしがみついていたそうです。

酔いが次第に覚めてくるに従って、男性のキスに応えて舌を絡ませたり、自分から抱き付いたり腰を振ったりしてセックスに夢中になっていったそうです。

 

私以外の男性との初めてのセックスに興奮を覚えていたことも認めました。

もうこうなっては抵抗してもしょうがないと思ったそうです。

お人好しの真由子は、自分が酔って吐いた後で、口が匂うのにキスをさせてしまって申し訳ないとすら思っていたそうです。

 

男性が何度目かの中出しを終えると、冷静になった男性はこんな事をしてごめんと謝ったそうですが、真由子は怒ることなく、介抱してくれてありがとうと言ったそうです。

たとえ酔いつぶれていた隙に無理矢理してしまったセックスだったとしても、抱き合って何度も中出しした後では、真由子と男性の間には親密な好意が生まれており、最後には真由子も自分から腰を動かして、あたかも恋人同士のようなセックスになってしまっていたようです。

 

こうして抵抗することもなく、拒否することも嫌がることもせず、私の大事な恋人である真由子は、あっさりと陥落して他の男と親密なセックスを交わしました。

 

真由子はセックスが気持ちよかったことを自分から認めました。

無頓着なように見えて、真由子は男性とのセックスだけは、しっかりと楽しんでいるのです。

 

この話を聞かされて、私はもちろん、真由子と激しい喧嘩をしました。

しかし、喧嘩をしながら、私の下半身は興奮し、先走りでパンツがぬるぬるになっていました。

そして、話しながら、真由子のパンツも、ぐっしょりと濡れていたに違いないのです。

 


ポチっと応援よろしくお願いします!


アダルトブログランキング