妻のセックスの撮影係にさせられた夫

 

純愛をテーマとした寝取られ小説を書いております、八ヶ岳昌司です。

4作目となります寝取られ官能小説を同人作品サイト(DLsite様、DMM様)にて販売を開始いたしました。

 

いつも通り、導入部分を当ブログに掲載いたします。

彩花の寝取られ写真教室 -愛しい妻の姿を撮影したくて写真教室に通うことにしたダメ夫が受講生全員に妻を寝取られて、妻と他人のセックスの撮影係にさせられるまで

 

 

販売はこちらになります。

彩花の寝取られ写真教室 -愛しい妻の姿を撮影したくて写真教室に通うことにしたダメ夫が受講生全員に妻を寝取られて、妻と他人のセックスの撮影係にさせられるまで

彩花の寝取られ写真教室 -愛しい妻の姿を撮影したくて写真教室に通うことにしたダメ夫が受講生全員に妻を寝取られて、妻と他人のセックスの撮影係にさせられるまで

今回寝取られるのは、結婚2年を迎えた26歳の人妻です。

とは言いましても、私が書くのは初心な男女による純愛の物語ですので、主人公の夫婦はお互いにセックスの経験は少なく、妻の男性経験も実質夫一人だけです。

夫は絵画やアートの好きな妻のために、妻の絵を描こうとしますが才能がなく、描いたデッサンのあまりのひどさに妻は思わず笑ってしまいます。

そんな微笑ましく仲睦まじい夫婦が、何人もの男性に寝取られ、そして妻は男と肌を重ねる中で、それまで気付いていなかった女としての自分に目覚めていきます。

 

寝取られのきっかけとなるのは、今回の作品のテーマでもある「写真」です。

写真教室に通い始めた夫の達彦が、妻の彩花の美しい姿を撮影したいと願い、腕前を上げようと懸命に努力をしますが、その一途な思いが、知らず知らずのうちに寝取られへとつながっていきます。

 

今回の作品は、写真のファインダーを通じた心理描写に重きを置いております。

その関係で、ヒロインはすぐには寝取られず、じわじわと焦らすように物語が進んで参ります。

セックスシーンがなかなか出て来ないので、苛々としてしまうかもしれませんが、最終的にはヒロインである彩花は何人もの男性にヤられまくってしまうことになりますので、仲の良い夫婦がじわじわと心の防壁を壊され、男たちの思惑通りになってしまう過程を楽しんでいただけたらと思います。

 

ひとつ、お断りしておきたいこととしまして、この作品は「写真教室」が舞台になっておりますが、残念ながら私は写真の知識がありません。

ですので、大変申し訳ないのですが、この物語の中に出てくる写真の用語や技術についての描写は、まったくもって正確なものではありません。

写真の技術に詳しい方が読めば、おかしいと思う箇所が多々あるかと思いますが、ご容赦ください。

 

今回のヒロイン「彩花」は最終的に一流のモデルと肩をならべるほどの美人として描かれています。

そんな美人が26歳まで、夫しか男を知らずにいるというのは奇跡的なことですが、やはり自然のなりゆきとして、男と女の寝取られの法則により、他の男に目を付けられてしまうのは時間の問題であり、「彩花」は結局何人もの男に抱かれた上で、夫ではない男性の子供を妊娠することになります。

そんなヒロインの変貌ぶりと、カメラのファインダーの中で、「彩花」が女として美しく花開いていく様子をどうぞご覧ください。