駐車場で妊娠した真悠子 (後編)

  川原を30分以上歩いても何も起こらず、帰ろうとした私達が道路を渡ると、そこにひとつの建物がありました。 川原の公園からも、工場の立つ区域からも離れた、辺り一面が畑になっているその一角に立っているその建物は、

駐車場で妊娠した真悠子 (前編)

  寝取られ夫の昌志です。 先日お話したように、真悠子と私が「妊活」ならぬ「ラブ活動」を行うようになって、3ヶ月が経つ頃、真悠子は妊娠しました。   前回書いたように、私と真悠子は第二子を作るにあたっ