会ったばかりの男にトイレで中出しされた真由子を問いつめる私はいつの間にか興奮し……

  真由子が飲み会で酔いつぶれ、介抱してくれた男性と、ドラッグストアの駐車場のトイレで何度もセックスをしてしまった後、私の真由子の間には、暴風雨が吹き荒れました。 次の日、怒りと悲しみで眠れず、狂乱状態の私に向

便座の上で初めての中出しを受け入れた21歳の真由子

  就活セミナーの後の飲み会で、酔いつぶれてしまった真由子は、一緒に参加していたひとつ年上の他大学の男性に介抱され、最寄りの駅であるひとつ先の駅まで送ってもらいました。けれども男性は歩けない真由子を、駅から離れ

酔いつぶれた彼女はトイレの中でパンツを降ろされ……

  まずは、真由子が最初に他人に寝取られてしまった時のことからお話したいと思います。 当時、真由子は21歳。 大学を中退した私と違い、真由子は真面目な優等生タイプで、当時真由子はとある大学の3年生でした。 景気

連れ込まれ、脱がされ、可愛がられる真由子

  長らくお待たせいたしましたが、「青春純愛寝取られ-場違いな白いワンピースで海に来た僕の彼女がAV出演させられて妊娠するまで」 の発売を記念しまして、前回に引き続きまして妻の真由子の寝取られ動画を公開いたしま

真悠子22歳、橋の下のセックスで妊娠 (後編)

    夜の闇の中、激しい夕立が降る中を真悠子が全裸で走っていきます。 当然、裸足です。一糸まとわぬ真悠子が闇の中に消えていく後ろ姿を見ながら、私は一瞬、我を忘れました。 男性たちはあわてて真悠子の後

真悠子22歳、橋の下のセックスで妊娠 (前編)

  セックスや人間の相性、合う、合わない、というのは、会ってすぐにわかるものなのでしょうか。 嫌な感じの人というのは、確かに居ます。 見た目でしょうか。態度でしょうか。話し方なのでしょうか。 苦手なタイプという

2つの実体験ストーリー

  寝取られ小説家として、メインで書いていきたいと考えている純愛ものの官能小説を同人サイトで販売したいと思っておりますが、その準備が整うまで、私自身の体験を元にしたお話を2つ並行して掲載したいと思います。 &n